すぐわかるIRとは
  • その他
  • すぐわかるIR
  • 2016.12.26 15:00
167人の方が、この記事を参考になったと投票しています。

ミスミグループ本社の事業内容と株主還元が3分でわかる

個人投資家の方が株式会社ミスミグループ本社を簡単に理解できるように質問にお答えしていきます。

  • Q1
  • ミスミって何をしている会社なのですか。

ミスミは、1963年の創業以来、ものづくりの「縁の下の力持ち」的な存在として製造業を支え続けてきました。商社としてスタートし2005年にはメーカー機能を買収、現在はメーカー事業と流通事業を併せ持つユニークな業態に進化しています。

メーカー事業としてはFA(Factory Automation)事業と金型部品事業を展開。精密機械部品の寸法をミクロン単位で指定いただいても国内標準2日で出荷することが可能です。

流通事業としては、ミスミブランド以外の他社商品を含めた生産設備関連部品、製造副資材やMRO(消耗品)などに事業領域を拡大したVONA(Variation & One-stop by New Alliance)事業を展開しています。

メーカー事業、流通事業を併せて商品数1,700万点、商品アイテム数800垓(注)の品揃えを誇り、世界22万社以上のお客さまに「高品質(Quality)、低コスト(Cost)、確実短納期(Time)」で供給することにより、グローバルにものづくりを支えています。

さらに、「インダストリー4.0」や「IoT」といった製造業を取り巻く環境の大きな変化によって製造業の在り方が大きく変わりつつある中で、ミスミはメーカー事業と流通事業それぞれの構造的な強みを更に強化し、ITを活用した新たなものづくりへの対応力を強化することによって、お客さまと部品メーカーをつなぐプラットフォームとして、生産材e流通革命をグローバルで目指しています。

注:垓(がい)は10の20乗。ちなみに京は10の16乗、兆は10の12乗。

  • Q2
  • リーマンショック以降、業績が好調の理由はなんでしょうか。

ミスミは、現在2016年3月期まで5期連続で過去最高の売上と利益を更新し続けています。2016年3月期の売上高2,401億円、営業利益は256億円となりました。2017年3月期も業績は好調に推移しており、引き続き過去最高となる売上高と営業利益を見込んでいます。

売上高の半分近くある海外売上高は、過去5年間で3倍以上に急成長しています。海外においては、ブランド認知度の向上に伴う顧客数の増加をはじめ、商品ラインアップの拡充やコスト競争力の強化に努め、グローバル確実短納期供給体制を強化することで、マクロ経済成長以上の高成長を実現しています。

一方で国内においては製造業のお客さまを中心に高い認知度を誇り、過去5年間で国内売上高は約1.5倍に拡大しています。それには、FA事業や金型部品事業の成長に加え、VONA事業の高成長が大きく貢献しています。

会社の資料をもとに作成

  • Q3
  • 競合他社はどのような会社ですか、また競合他社に対する強みは何ですか。

ミスミの提供する商品領域は、メーカー事業のFA事業や金型部品事業の成長に加え、VONA事業の加速によって大きく拡大しています。その商品群は、精密機械部品から配線部品や工具、MRO(消耗品)に至るまで生産間接材全般にわたっています。それぞれの商品分野において、同様の商品を提供する他社業態が存在しています。

しかし、ミスミの価値は寸法指定が可能な精密機械部品から消耗品までの極めて幅広い商品群を1つのプラットフォームからワンストップで短納期供給できることにあります。そしてそのサービスを支える変種変量受注下における確実短納期生産を可能にする「ものづくり」機能が極めて大きな役割を果たしています。これこそがメーカー事業と流通事業を併せ持つミスミならではの強みであり、世界中を見渡しても極めてユニークな存在の会社といえます。

  • Q4
  • 株主還元の考え方について教えてください。

ミスミでは、持続的な高い事業成長と収益性・資本効率を維持しながら株主還元を増大することを基本方針と定めています。具体的な株主還元方針につきましては、企業価値の向上に向けた投資や経営基盤の拡充、財務体質の強化及び資本効率の向上などを総合的に勘案して判断します。

配当に関しましては、配当性向を25%とすることを基本方針としておりますが、業績の継続的な拡大に伴い6期連続の増配を達成しております。

なお、2017年3月期の年間配当金は1株あたり16.23円(前年比0.81円増)を見込んでいます。

会社の資料をもとに作成

株式会社ミスミグループ本社の株主になる

株式会社ミスミグループ本社をさらに詳しく知る

企業情報

会社名株式会社ミスミグループ本社
本社所在地〒112-8583 東京都文京区後楽二丁目5番1号 飯田橋ファーストビル
事業概要グループの経営戦略立案や管理ならびにそれらに付随するグループ経営に必要な機能
URLhttp://www.misumi.co.jp/company/outline/

この記事は参考になりましたか?

はい いいえ

167人の方が、「この記事が参考になった」と投票しています。

すぐわかるIR記事に関する重要事項(ディスクレーマー)

1. 本記事は、対象企業が作成し、株式会社ナビゲータープラットフォーム(以下、「当社」)は対象企業から対価を受け取って本記事を掲載しています。対象企業の特徴を周知すること、読者に情報を提供することのみを目的として作成したものであり、投資に関する意見や判断を提供するものではなく、証券その他の金融商品の売買その他の取引の勧誘を目的としたものでもありません。

2. 当社は対象企業が本記事を作成するに当たり、必要なアドバイスを提供することがあります。

3. 本記事は、対象企業が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。

4. 本記事で提供される見解や予測は、記事発表時点における対象企業の判断であり、予告なしに変更されることがあります。

5. 当社は、記事における誤字脱字等、記事の大意、結論に影響が無いと当社が判断する修正に関しては、読者に特段の通知をすることなく、行うことがあります。

6. 本記事で提供される如何なる情報等および調査・分析記事に、またはそれらの正確性、完全性もしくは適時性等に、読者が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害またはその他の損害について、当社は責任を負うものではありません。

7. 本記事に掲載される株式等の有価証券および金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢など様々な影響により、その価値を増大または減少することもあり、また、価値を失う場合もあります。投資をする場合における当該投資に関する最終決定は、必ず読者ご自身の判断と責任で行ってください。

8. 当社は、記事の内容に関する読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

9. 本記事に掲載されている内容の著作権は、原則として対象企業と当社に帰属します。本記事で提供される情報は、個人目的の使用に限り、配布また頒布が認められますが、原則として、読者は対象企業および当社の承認を得ずに当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

10. 本重要事項(ディスクレーマー)は随時アップデートされることがあります。最新の内容をご確認ください。