すぐわかるIRとは
  • 電 機
  • すぐわかるIR
  • Tue Feb 21 23:00:00 UTC 2017
210人の方が、この記事を参考になったと投票しています。

オムロンIR担当者が紹介する株主優待

個人投資家の皆さまに、若手IR担当者がオムロンの優待制度を紹介いたします!

今回は「すぐ分かるオムロン」シリーズの最終回です。

初めまして!IR部の山本と申します。最後の締めは優待制度です!是非ご一読ください。

プロフィール:山本 茉奈(ヤマモト マナ) 2011年入社。広島県出身。愛知県の刈谷営業所にて4年半制御機器の営業を経験したのち、約1年前にIR部へ異動。趣味は旅行で、自然豊かな南アフリカがお勧めです。

  • 1
  • 株主優待は人気のヘルスケア商品等を進呈!

オムロンでは、株主の皆さまに健やかな生活を送っていただきたいとの想いと、中長期的に当社株式を保有していただきたいとの願いから、当社ヘルスケア商品の進呈及び社会福祉法人「太陽の家」への寄付の株主優待制度を導入しています。

優待内容 ① オムロンのヘルスケア商品を進呈
100株以上:2,000円相当の商品
300株以上:6,000円相当の商品
② 社会福祉法人 太陽の家への寄付
100株以上:2,000円の寄付
300株以上:6,000円の寄付
対象 3月31日現在の株主名簿に記載され、且つ100株以上保有の株主さま(*1)
ご案内時期 2017年度につきましては、2017年5月~6月頃にご案内をお送りする予定です。
現在の株価 (2017年1月31日終値) 4,635円

(*1)3月31日現在の株主名簿に記載されるためには、3月の最終営業日の3営業日前(権利付最終日)までに株式を購入していただく必要があります)

  • 2
  • 100株以上保有の株主さまへは2,000円相当の商品を進呈

2016年度は、100株以上保有の株主さまへ2,000円相当のヘルスケア商品をご提供いたしました。(写真は、優待商品の一例です)今年は体温計が特に人気で、株主さまからは「リビングと寝室に1本ずつ置いています」「家族にあげて喜ばれています」といった嬉しいお声をいただいております。この商品は大きな文字表示が特徴で、わずか20秒ですばやく検温できます。

他にも、歩数計や低周波治療器など複数ご提供いたしました。内容は毎年変更しておりますが、体温計などは2017年度も引き続きご用意する予定です。ご期待下さい!

  • 3
  • 300株以上保有の株主さまへは6,000円相当の商品を進呈

300株以上保有の株主さまへは、6,000円相当のヘルスケア商品をご提供しています。(写真は、優待商品の一例です)電動歯ブラシや上腕式血圧計が根強い人気商品です。ご家庭に一台いかがでしょうか。他にも、体重体組成計など複数ご提供いたしました。なお、こちらも内容は毎年変更しておりますが血圧計などは2017年度も引き続きご用意する予定です。

  • 4
  • 社会福祉法人「太陽の家」への寄付

「太陽の家」は、社会貢献活動のひとつである障がい者支援の社会福祉法人です。今年度の株主優待による「太陽の家」への寄付は総額\3,588,000となりました。多くの株主さまより温かいご芳志を賜り、心より御礼を申し上げます。

今後も個人投資家の皆さま、株主の皆さまに魅力的に感じていただけるような株主優待を実行していきますので、ぜひご活用ください。

最新の情報はオムロンのホームページの「株主優待」ページをご覧ください。

http://www.omron.co.jp/ir/kabunushi/yutai.html

オムロン株式会社の株主になる

オムロン株式会社をさらに詳しく知る

企業情報

会社名オムロン株式会社
本社所在地〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
事業概要制御機器事業、電子部品事業、車載事業、社会システム事業、ヘルスケア事業などを展開
URLhttp://www.omron.co.jp/about/corporate/outline/

この記事は参考になりましたか?

はい いいえ

210人の方が、「この記事が参考になった」と投票しています。

すぐわかるIR記事に関する重要事項(ディスクレーマー)

1. 本記事は、対象企業が作成し、株式会社ナビゲータープラットフォーム(以下、「当社」)は対象企業から対価を受け取って本記事を掲載しています。対象企業の特徴を周知すること、読者に情報を提供することのみを目的として作成したものであり、投資に関する意見や判断を提供するものではなく、証券その他の金融商品の売買その他の取引の勧誘を目的としたものでもありません。

2. 当社は対象企業が本記事を作成するに当たり、必要なアドバイスを提供することがあります。

3. 本記事は、対象企業が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。

4. 本記事で提供される見解や予測は、記事発表時点における対象企業の判断であり、予告なしに変更されることがあります。

5. 当社は、記事における誤字脱字等、記事の大意、結論に影響が無いと当社が判断する修正に関しては、読者に特段の通知をすることなく、行うことがあります。

6. 本記事で提供される如何なる情報等および調査・分析記事に、またはそれらの正確性、完全性もしくは適時性等に、読者が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害またはその他の損害について、当社は責任を負うものではありません。

7. 本記事に掲載される株式等の有価証券および金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢など様々な影響により、その価値を増大または減少することもあり、また、価値を失う場合もあります。投資をする場合における当該投資に関する最終決定は、必ず読者ご自身の判断と責任で行ってください。

8. 当社は、記事の内容に関する読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

9. 本記事に掲載されている内容の著作権は、原則として対象企業と当社に帰属します。本記事で提供される情報は、個人目的の使用に限り、配布また頒布が認められますが、原則として、読者は対象企業および当社の承認を得ずに当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

10. 本重要事項(ディスクレーマー)は随時アップデートされることがあります。最新の内容をご確認ください。