すぐわかるIRとは
  • 情報通信
  • すぐわかるIR
  • Thu Mar 30 23:00:00 UTC 2017
101人の方が、この記事を参考になったと投票しています。

カプコンの事業内容と株主還元が3分でわかる

個人投資家の皆様が「カプコン」を簡単に理解できるように質問に答えていきます。

  • Q1
  • カプコンってどのようなことをしている会社なのですか?

カプコンは、1983年に創業し、世界有数の開発力・技術力を強みとした、ゲーム業界大手のゲームソフト会社です。「面白いゲーム」をつくり、世界の人々に感動を与え続けることを企業理念とし、エンターテイメント事業領域において、人気ゲームを核に相乗効果を生む4つの事業を展開しています。

特に、主力である「デジタルコンテンツ事業」に経営資源を集中し収益の拡大を図っています。コンシューマ(家庭用)ビジネスでは、アクションやアドベンチャーゲームを中心に独創的なオリジナルコンテンツを生み出し、これらをスマートフォンやPCオンラインにも活用しています。

加えて、人気コンテンツを多メディアに展開する「ワンコンテンツ・マルチユース」を基本戦略として、①アミューズメント店舗を運営する「アミューズメント施設事業」、②業務用ゲームや遊技機を開発する「アミューズメント機器事業」、人気キャラクターの版権ビジネスである「その他事業」を行っています。

  • Q2
  • カプコンが持つ強みとはどのようなものなのでしょうか?

カプコンの強みの一つは、「世界有数の開発力・技術力」です。カプコンの企業風土・DNAには、①常に新しいことに取り組むチャレンジ精神、②常に世界トップクラスを目指す自負心、があります。

対戦格闘の礎を築いた「ストリートファイター」をはじめ、サバイバルホラーのジャンルを確立した「バイオハザード」、通信協力プレイによるコミュニケーションスタイルを打ち立てた「モンスターハンター」など、これまで数多くのオリジナルタイトルを創出してきました。

技術面においても、世界中でVR(ヴァーチャルリアリティ)機器が発売され、「VR元年」と呼ばれる新たな時代を迎える中、VRに完全対応した『バイオハザード7』を先駆けて投入するなど、高い評価を得ています。また、ゲーム開発において、「高品質」と「効率性」の両方を追求できるよう、自社で新開発エンジンを作るとともに、瞬時にデータ化できる3Dスキャンを導入し、世界トップクスラスの開発体制を構築しています。

出所:会社資料をもとに作成

より詳しい内容はカプコンのホームページ記載の「統合レポート」をご覧ください。

http://www.capcom.co.jp/ir/data/oar/2016/

  • Q3
  • 競合他社に対するカプコンの強みは他にもあるのでしょうか?

カプコンの強みの2つ目は、豊富な人気IP(ゲーム・コンテンツ)を保有していることであり、そのメリットは大きく2つあります。

①ゲーム市場はヒットビジネスのため業績変動が激しいと言われる中、カプコンは豊富な人気IPのおかげで、他社と比較して毎期複数の大型タイトルを投入できるため、業績の安定化に繋がります。

②人気IPはコンシューマだけでなく多メディアで展開可能です。例えば、ハリウッド映画など映像・舞台化、キャラクターグッズ、モバイルコンテンツ、アーケードゲーム等にも活用しており、「ワンコンテンツ・マルチユース」をIP毎に推進することで収益の最大化に繋がります。加えて、メディア展開がもたらす高い露出効果でIPのブランド価値を更に向上させ、ゲームソフトの販売拡大とともに、IPの価値を長期的に維持させる理想的なサイクルを形成しています。

出所:会社資料をもとに作成(2016年12月30日現在のデータ)

より詳しい内容はカプコンのホームページ記載の「シリーズソフト販売本数」をご覧ください。

http://www.capcom.co.jp/ir/finance/salesdata.html

  • Q4
  • ESGへの取り組みが話題ですが、ゲームが社会に提供する価値について教えてください。

カプコンは、事業活動が社会に及ぼす負の影響を防止・軽減する従来型の社会的責任(CSR)だけでなく、事業活動を通じて社会的課題を解決し社会に価値を提供することで、自社にも経済的価値をもたらす「共通価値の創造(CSV)」を推進することが、企業価値の向上に繋がると考えています。

具体的な取り組みとしては、当社の人気コンテンツを活用した地方創生活動として、①経済振興の支援、②文化振興の支援、③治安向上のための啓発支援、④選挙投票の啓発支援を行っています。

例えば、①では地方自治体と連携して町興しを支援しています。人気コンテンツを用いたイベントの開催や世界観の実体験など、若年層やファミリー層への訴求により、地元への観光支援として大きな経済効果をもたらしています。また、②③④についても、共通する課題は若年層の集客やアプローチであり、博物館や警察、選挙管理委員会などへ能動的に提案し、定量的な成果(社会的価値)を生み出しています。

出所:会社資料をもとに作成

より詳しい内容はカプコンのホームページ記載の「統合レポート」をご覧ください。

http://www.capcom.co.jp/ir/data/oar/2016/

  • Q5
  • 株主になると良いことがあるのでしょうか?株主還元の考え方を教えてください。

カプコンは、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題のひとつと考えており、1990年の上場から26年間、一度も無配にしたことはありません。

株主還元の方針として、①投資による成長などにより企業価値を高めるとともに、②連結配当性向30%を基本方針としつつ、安定配当を継続すること、③自己株式の取得により、1株当たり利益の価値を高めること、としています。

2017年3月期においては、株主還元の更なる充実や株主価値の向上などを図るため、1株当たりの年間配当金を50円に増配(前期は40円)を予定するとともに、自己株式を約150万株取得しました。

株式会社カプコンの株主になる

企業情報

会社名株式会社カプコン
本社所在地〒540-0037 大阪市中央区内平野町3-1-3
事業概要家庭用テレビゲームソフト、オンラインゲーム、モバイルコンテンツおよびアミューズメント機器等の企画、開発、製造、販売、配信ならびにアミューズメント施設の運営
URLhttp://www.capcom.co.jp/ir/

この記事は参考になりましたか?

はい いいえ

101人の方が、「この記事が参考になった」と投票しています。

すぐわかるIR記事に関する重要事項(ディスクレーマー)

1. 本記事は、対象企業が作成し、株式会社ナビゲータープラットフォーム(以下、「当社」)は対象企業から対価を受け取って本記事を掲載しています。対象企業の特徴を周知すること、読者に情報を提供することのみを目的として作成したものであり、投資に関する意見や判断を提供するものではなく、証券その他の金融商品の売買その他の取引の勧誘を目的としたものでもありません。

2. 当社は対象企業が本記事を作成するに当たり、必要なアドバイスを提供することがあります。

3. 本記事は、対象企業が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。

4. 本記事で提供される見解や予測は、記事発表時点における対象企業の判断であり、予告なしに変更されることがあります。

5. 当社は、記事における誤字脱字等、記事の大意、結論に影響が無いと当社が判断する修正に関しては、読者に特段の通知をすることなく、行うことがあります。

6. 本記事で提供される如何なる情報等および調査・分析記事に、またはそれらの正確性、完全性もしくは適時性等に、読者が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害またはその他の損害について、当社は責任を負うものではありません。

7. 本記事に掲載される株式等の有価証券および金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢など様々な影響により、その価値を増大または減少することもあり、また、価値を失う場合もあります。投資をする場合における当該投資に関する最終決定は、必ず読者ご自身の判断と責任で行ってください。

8. 当社は、記事の内容に関する読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

9. 本記事に掲載されている内容の著作権は、原則として対象企業と当社に帰属します。本記事で提供される情報は、個人目的の使用に限り、配布また頒布が認められますが、原則として、読者は対象企業および当社の承認を得ずに当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

10. 本重要事項(ディスクレーマー)は随時アップデートされることがあります。最新の内容をご確認ください。