• その他
  • イベント
  • Fri Jun 22 04:00:00 UTC 2018
6人の方が、この記事を参考になったと投票しています。

お金アカデミー[泉田塾]1からはじめる米国株投資(初級)全3回

お金アカデミー[泉田塾]1からはじめる米国株投資(初級)全3回

大好評の泉田塾、ついに米国株投資ゼミを開講!お見逃しなく!

~初心者&挫折者必見!少人数のゼミだから聞きやすい!宿題でぐんぐん身につく!~

泉田塾ゼミの第2回目は、待望の米国株投資です!!

米国株というと「英語は苦手…」といって尻込みする株式投資家も多いでしょう。しかし実は、簡単なルールを身につけてしまえばすぐに始めることができるのです。そして米国株の売買手数料も、以前と比べれば格段に安くなり手掛けやすくなりました。

アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック、ディズニー、ネットフリックス、NVIDIAなど…、誰もが知る、世界をリードする米国企業は魅力がいっぱい!でも、日本の上場株を調査し、投資するだけでは、そうした企業にはたどり着けないのです。

米国株ファンドマネージャーでもあった泉田良輔が、ネット証券の使い方から調査方法まで、分かりやすく解説しながら、皆さんにプロ伝授のスキルを持ち帰って頂きます!

本ゼミは、基本的かつ実践的な内容を合計3回(月3回)で学んで頂くコースです。各回の講義ごとに宿題が課され、講義を聞くだけはなく自ら手を動かしながら講義内容を身につけていきます。また、定員7名までの少人数クラスなので、質問しやすく皆でわきあいあいと楽しめる環境なのも大きな魅力です。

株式投資には押さえるべきポイントがあります。その内容は株式投資初心者でも、また10年以上の投資経験があるプロ投資家も実は変わりがありません。泉田塾初級ゼミでは、ぜひプロの株式投資の知識を皆さんに自分のものにしていただきたいと思っているため、少人数制にこだわり、参加者ひとりひとりの状態に合わせて丁寧にケアしながら進めていきます。

株式投資を始める前に失敗しない方法を知っておきたい、今度こそ株式投資初心者を卒業したい、投資をするための自分の判断基準を持てるようになりたい、プロにちゃんと学んでみたい、という方には泉田塾のゼミは最適です。この機会をお見逃しなく!

泉田塾ゼミの第2回目は、塾長の泉田良輔が担当します。泉田はフィデリティ投信や日本生命といった世界を代表する大手運用会社で機関投資家として長年活躍し、著書も多数ある証券アナリストです。日本の個人投資家のすそ野を広げたいということで「泉田塾」を開講しました。少人数ゼミの第2弾!この機会にぜひご参加ください。

 

カリキュラム

第1回 今、なぜ米国株投資なのか(7/5(木))
第2回 プロの投資家の米国株銘柄の調査法を学ぶ(7/12(木))
第3回 ケーススタディで自分のものにする(7/26(木))

※なお、当ゼミは、業界の動向および銘柄の選択方法について学ぶものであり、個別銘柄の投資判断をおこなうものではありません。あらかじめご了承ください。

 

このゼミで得られるもの

・米国株の株式投資の基本を学べます
・プロの知識に触れ、独学の株式投資の答え合わせができます
・自分で株式の銘柄選びができるようになります
・泉田塾に興味をお持ちの方には、さらにステップアッププランも企画中です

 

こんな方におススメ!

・米国株の株式投資を始めてみたいが、何が怖くて怪しいのか分からず踏み出せない
・米国株の株式投資は独学でやっていたが、何が正解なのか未だにわからない
・米国株の株式投資を過去に失敗しているが、ちゃんと勉強し再チャレンジしたい
・米国株の株式投資はしているが、いまだに明確な根拠をもって銘柄選びができていない
・プロの金融アナリストの考え方をリアルに感じたり質問をしてみたい

 

日時

19:00~20:45

7/5、7/12、7/26(すべて2018年の木曜日です)

 

場所

東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル4F FINOLAB(フィノラボ)

 

料金について

¥36,000

全3回分の一括払いのみとなっております。
講義のご欠席などによるご返金はできかねますので、ご了承ください。
以下のURLよりセミナーにお申し込み頂けます。(Peatixでの決済となります)
https://goo.gl/Syqfzu

Longine有料購読会員の方は、定価から20%OFF!!
有料購読会員の方は、ログイン後に、以下のURLより割引コードを取得してください。

<< 割引コード付きページはこちら >>

 

まだ間に合います!
Longine有料購読会員お申込み(月額 1,080円)はこちらから
  
※登録後、有料購読会員ページで取得した割引コードをセミナーページでご入力ください
※セミナーページ決済後の割引精算は出来ませんので、くれぐれもご注意ください

 

 

講師紹介

泉田塾の塾長で、著書も多数ある現役の証券アナリスト、そしてプロもひそかに愛読する個人投資家のための金融経済メディア「Longine」の編集長の泉田良輔が講師をします!

フィデリティ投信や日本生命といった世界を代表する運用会社で証券アナリストやポートフォリオマネージャーとして活躍してきた泉田のノウハウを少人数クラスでご体験頂けます。

この機会を是非お見逃しなく!!



泉田 良輔 / ナビゲータープラットフォーム取締役 . Longine編集長
愛媛県出身。慶應義塾大学商学部卒。同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。
大学卒業後、日本生命保険・国際投資部にて外国株式ファンドのポートフォリオマネージャーや、証券アナリストとして 米国の小売やインターネット、メディア業界を担当。2002年から2012年まで、フィデリティ投信・調査部で日本株の証券アナリストとしてテクノロジーセクターを担当し、運用部では小型株のアシスタント・ポートフォリオマネージャーとして従事。日本証券アナリスト協会検定会員。東京工業大学大学院非常勤講師。

著書
「銀行はこれからどうなるのか」クロスメディア・パブリッシング
「Google vs トヨタ『自動運転』は始まりにすぎない」KADOKAWA
「日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか」日本経済新聞出版社
「智能化未来 无人??将如何改?我?的生活」浙江大学出版社



セミナーの撮影について

セミナーの内容(主にスライド中心)の動画撮影や、会場全体の雰囲気を後部から撮影をさせて頂く場合がございます。
個人のお顔の分かるお写真を無断で使用することはございませんが、特に撮影はNGというお客様は、当日撮影スタッフまで遠慮なくお声かけ下さい。

 

運用グループ

お金アカデミー ~お金の情報格差を飛び越えよう!~
お金アカデミーは、お金の情報格差をなくしたいという思いで運営を開始しました。
皆様が今まで聞きたかったけど聞けなかった、お金のあれこれを解決していきます。
中・上級者の投資家、金融業界のプロフェッショナルの皆様が思わずニヤリとしてしまう情報から初心者向けの節約術まで、様々なコンテンツを企画中です。
是非、今後のコンテンツにもご期待ください!
※皆様からのリクエストも募集中!

 

運営会社

株式会社ナビゲータープラットフォーム

主な運営メディア:
投信1(トウシンワン) ~1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門~
株1(カブワン) ~1からはじめる初心者にやさしい株入門~
Longine(ロンジン) ~投資情報の格差を飛び越えよう!~

この記事は参考になりましたか?

はい いいえ

6人の方が、「この記事が参考になった」と投票しています。

無料ニュースレターに登録

メール送信

初回登録で推奨銘柄レポートを1本お届け!
> 読者登録規約を登録前にお読みください。

新規ユーザ登録

PR

関連記事一覧

PR

重要事項(ディスクレーマー)

1. 本記事で提供される投資情報等および調査・分析記事は、株式会社ナビゲータープラットフォーム(以下、「当社」)または執筆業務委託先が、記事購読者への情報提供を目的としてのみ作成したものであり、証券その他の金融商品の売買その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。

2. 本記事で提供される投資情報等ならびに調査・分析記事は、当社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。

3. 本記事で提供される見解や予測は、記事発表時点における当社または執筆業務委託先の判断であり、予告なしに変更されることがあります。

4. 当社は、記事における誤字脱字等、記事の大意、結論に影響が無いと当社が判断する修正に関しては、記事購読者に特段の通知をすることなく、行うことがあります。

5. 本記事で提供される如何なる投資情報等および調査・分析記事に、またはそれらの正確性、完全性もしくは適時性等に、記事購読者が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害またはその他の損害について、当社および当社に記事を提供する執筆業務委託先は責任を負うものではありません。

6. 本記事に掲載される株式等の有価証券および金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢など様々な影響により、その価値を増大または減少することもあり、また、価値を失う場合もあります。投資をする場合における当該投資に関する最終決定は、必ず記事購読者ご自身の判断と責任で行ってください。

7. 当社および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

8. 本記事に掲載されている内容の著作権は、原則として当社または執筆業務委託先に帰属します。記事購読者は、本記事で提供される情報に関して、当社の承諾を得ずに、当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

9. 本重要事項(ディスクレーマー)は随時アップデートされることがあります。最新の内容をご確認ください。

当社および執筆者による表明

1. 当社の取締役及び、発表前の記事に触れる可能性のある当社職員は日本株(個別銘柄)の取引を自粛いたします。但し、当社入社前から保有している株式の売却や相続等、相当の理由がある場合は本人からの事前申請に基づき取引を許可することがあります。また、執筆業務委託先についても、執筆者は特定の日本株(個別銘柄)を売買した場合(新規ポジションをつくった場合に限ります)はその後3ヶ月間、当該銘柄に記事上で言及することができず、また、記事上で言及した銘柄についてはその後6ヶ月間売買を制限されます。

2. 本記事の執筆者は、本記事で表明されている見解が調査対象会社やその証券に対する執筆者個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。また、当該執筆者は、これまでに本記事で特定の見解を表明することに対して、直接的または間接的に報酬を一切受領していないこと、また、今後も受領する予定もないことをここに表明いたします。