Longine編集長
326人の方が、この記事を参考になったと投票しています。

もしもウォーレン・バフェットが日本株を買うとしたらどの銘柄?実は大変なことになっていた!

投資家に伝えたい3つのポイント

  • バフェットの投資の基準を改めて整理します。バークシャーが企業買収するときの基準(バークシャー基準)が参考になります。
  • ここではバークシャー基準を発展させて、以下の様な条件でスクリーニングしてみました。
  • スクリーニング結果を見る限り、投資の天才の基準は日本でも生きていたということです。

バークシャー・ハサウェイのアニュアルレポート2013を改めて読み解く

結論から言うと、世界で最もスマートといわれる投資家ウォーレン・バフェットは日本株を買う可能性は少ないと思います。なぜならば、彼はバークシャー・ハサウェイ(以下、バークシャー)のアニュアルレポートで何度もコメントしている通り、上場企業への投資や企業買収をする前提は、成長する国家「アメリカ合衆国」に投資をすることが重要だといっています。「これまでアメリカにたてついて恩恵を受けたやつはいるのか?」とまで言っています。そのバフェットが経済成長できるか怪しい日本に基盤を持つ企業に投資をするのかは疑問です。当然、イギリスのテスコ、フランスのサノフィなど米国以外の上場企業もポートフォリオに含まれますが、ほとんどは米国の上場企業です。

では、バフェットの投資のアプローチは日本株で機能するかを考えてみたいと思います。その前に、バフェットの投資の基準を改めて整理します。以下にあげるのは、バークシャーが企業買収するときの基準(以下、バークシャー基準とよぶ)です。しかし、上場企業への投資の参考になると思いますので、見ていきましょう。

  • 規模の大きい企業。少なくとも税引前利益で75億円(1ドル=100円換算)あり、そうでなければバークシャーの既存事業にうまく適合する企業
  • 継続的に利益を計上してきた実績のある企業(実績を伴わない将来の事業計画には興味がないし、事業再生途上の会社にも興味がない)
  • 従業員が少ないか借入がゼロで、ROEが高い企業
  • (有能な)経営者が既にいる企業(バークシャーは経営者まではあてがえない)
  • シンプルな事業(テクノロジーの話をたくさんされてもバークシャーは理解できない)
  • (適切な)お値段(バークシャーは、値段についてごちゃごちゃと交渉して自分たちや売り手の時間を無駄にしたくない。それはまだディールの序盤で値付けが行われていない案件についても同様)

ということで、ここから私たちが学べるのは次のようなものではないでしょうか。

  • 利益規模がある程度ある企業
  • 最終利益を継続的に計上してきた企業。減益はあっても赤字ではない企業
  • 健全なバランスシートを有する企業。できれば借入はない企業
  • 経営者のトラックレコードがある企業。頻繁に経営者が変わっていない企業
  • ROEが高い企業

実は、シンプルな事業とかお値段(バリュエーション)はバフェットの言う内容をそのまま鵜呑みにしない方が良いかもしれません。バークシャーのポートフォリオに入っている企業や銘柄はそれほどシンプルでないものも多いからです。再保険会社について簡単に数字を用いて説明するもの難しいと思いますし、リーマンショックの際に、ゴールドマン・サックスのワラントを大規模の購入し、先日その行使をしたりしています。つまり、バフェットと個人投資家との間には様々な格差が存在しています。これは避けられません。

さて、ここではバークシャーのポートフォリオの中で米国非金融上場企業についてみていくことにします。図表1のようにIBMを除いては、年によってはばらつきがあるもののROEで結果的に10%から20%程度が目安のようです。

出所:SPEEDAをもとに筆者作成


図表2は借入の状況を把握するためにD/Eレシオを表したものです。エクソンモービルは借入の比率は小さいですが、必ずしも借入はゼロである企業を保有しているわけではありません。IBMのROEの高さは、借入の比率の高さ(レバレッジをかけている)によるものです。ここはバフェットがどのように咀嚼してポートフォリオに組み込んだのかは不明です。

出所:SPEEDAをもとに筆者作成


バークシャー基準を日本株でさらに条件を厳しくして該当銘柄を探してみた

さて、ここではバークシャー基準を発展させて、以下の様な条件でスクリーニングしてみました。以下、修正バークシャー基準とよぶことにします。

  • 2008年度~2012年度までROEが一度もマイナスになったことがない
  • 2008年度~2012年度までROEが継続的に上昇している
  • 2012年度のROEが10%を超えている
  • 有利子負債<純資産
  • 時価総額が1,000億円以上

結構厳しい条件であると思いましたが、いくつか見つけることができました。そのパフォーマンスが図表3です。TOPIXが同期間に100(2008年4月末)から83(2014年4月11日)に下落していることから、修正バークシャー基準に該当した銘柄のパフォーマンスのすごさがお分かりかと思います。

投資の天才の基準は日本でも生きていたということです。こうした銘柄をじっくりと保有したいものです。

出所:SPEEDAをもとに筆者作成


バフェットの投資に関する記事一覧

以下、有料記事(1記事当たり216円)となりますが、追加でバフェットの投資に関してご興味あればご購読いただければと思います。

また、Longineの月購読契約(月額1,080円)をお申込みいただければ、Longineアナリストの推奨銘柄一覧やすべての記事をお読みいただけます。ご興味ある方は、以下のリンクよりお申し込みください。

個人投資家向け金融経済メディアLongineとは

Longineは国内外の機関投資家や証券会社で証券アナリストやポートフォリオマネージャーとして株式調査や運用経験の長いメンバーが中心となり立ち上げた個人投資家向けの金融経済インターネットメディアです。

Longineのサービスについて、さらにお知りになりたい方は以下のリンクをクリックください。まずは、無料ニュースレターにご登録いただければ、Longineの最新記事リンク等をいち早くお届けいたします。

>>>Longineのサービスについて<<<

個人投資家の株式投資に欠かせない情報をLongineアナリスト陣が分析します。

>>>Longine執筆アナリスト陣のご紹介<<<

Longineの月購読契約のお申込みをご希望される方は以下のリンクよりお申し込みください。

>>>Longine月購読契約のお申込みへ<<<

引き続き、個人投資家向け金融経済メディアLongineをよろしくお願いします。

この記事は参考になりましたか?

はい いいえ

326人の方が、「この記事が参考になった」と投票しています。

無料ニュースレターに登録

メール送信

初回登録で推奨銘柄レポートを1本お届け!
> 読者登録規約を登録前にお読みください。

新規ユーザ登録

PR

関連記事一覧

PR

重要事項(ディスクレーマー)

1. 本記事で提供される投資情報等および調査・分析記事は、株式会社ナビゲータープラットフォーム(以下、「当社」)または執筆業務委託先が、記事購読者への情報提供を目的としてのみ作成したものであり、証券その他の金融商品の売買その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。

2. 本記事で提供される投資情報等ならびに調査・分析記事は、当社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。

3. 本記事で提供される見解や予測は、記事発表時点における当社または執筆業務委託先の判断であり、予告なしに変更されることがあります。

4. 当社は、記事における誤字脱字等、記事の大意、結論に影響が無いと当社が判断する修正に関しては、記事購読者に特段の通知をすることなく、行うことがあります。

5. 本記事で提供される如何なる投資情報等および調査・分析記事に、またはそれらの正確性、完全性もしくは適時性等に、記事購読者が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害またはその他の損害について、当社および当社に記事を提供する執筆業務委託先は責任を負うものではありません。

6. 本記事に掲載される株式等の有価証券および金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢など様々な影響により、その価値を増大または減少することもあり、また、価値を失う場合もあります。投資をする場合における当該投資に関する最終決定は、必ず記事購読者ご自身の判断と責任で行ってください。

7. 当社および執筆業務委託先は、記事の内容に関する記事購読者からのご質問への対応など、個別相対性のある追加サービスは行いません。但し、記事内容につき不適切な内容があり、当該内容について確認、修正、削除依頼をいただく場合はこの限りではありません。

8. 本記事に掲載されている内容の著作権は、原則として当社または執筆業務委託先に帰属します。記事購読者は、本記事で提供される情報に関して、当社の承諾を得ずに、当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

9. 本重要事項(ディスクレーマー)は随時アップデートされることがあります。最新の内容をご確認ください。

当社および執筆者による表明

1. 当社の取締役及び、発表前の記事に触れる可能性のある当社職員は日本株(個別銘柄)の取引を自粛いたします。但し、当社入社前から保有している株式の売却や相続等、相当の理由がある場合は本人からの事前申請に基づき取引を許可することがあります。また、執筆業務委託先についても、執筆者は特定の日本株(個別銘柄)を売買した場合(新規ポジションをつくった場合に限ります)はその後3ヶ月間、当該銘柄に記事上で言及することができず、また、記事上で言及した銘柄についてはその後6ヶ月間売買を制限されます。

2. 本記事の執筆者は、本記事で表明されている見解が調査対象会社やその証券に対する執筆者個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。また、当該執筆者は、これまでに本記事で特定の見解を表明することに対して、直接的または間接的に報酬を一切受領していないこと、また、今後も受領する予定もないことをここに表明いたします。